読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アナログとデジタルの隘路に

出版業界(の片隅)の人です。主に(紙の)書籍と電子書籍、および興味のあるデジタル周りについて書きます。twitterアカウント @haru_taroh

『情報の呼吸法』刊行記念トークイベントに行ってきました!

『情報の呼吸法』刊行記念津田大介&大根仁トークイベント」に行ってきました!

ブログわずか3回のエントリ中2回が津田大介氏絡み(前々回のエントリはこちら)とは、なんだかファンブログのようですが(いや、ファンなのは間違いないのですが)、近々仕事関係でご一緒する機会があるので、ご挨拶をかねてトークイベントに行って参りました。

会場はTSUTAYA六本木店さん。

f:id:haru_taroh:20120115014930j:plain

六本木ヒルズもほど近いお洒落なお店でした。

開演の14時ぎりぎりに駆けつけたところ、既に観客が会場から溢れんばかりの盛況ぶり。ざっと100名ぐらいはいたでしょうか。

対談のお相手は、映画「モテキ」の映画監督の大根仁さん。「モテキ」未見で申し訳ありません。でもお話しは大変面白く、一遍でファンになってしまいました。DVD出たら必ず見ます!(「モテキ」は中森明夫さんが大絶賛していて、大変気にはなっていたのですが見逃してしまいました。「湯けむりスナイパー」のDVDも探してみます!w)

津田さんと大根さんは本日が初対面だとのこと。映画「モテキ」の主人公の職場が「ナタリー」だということは知っていたので、当然津田さんとも面識があり、今回のトークにつながったと思っていたので意外でした。

対談の内容は以下のユーストリームでどうぞ。 

 

togetterにまとめられた方もいらっしゃましたので、こちらもどうぞ。

 

90分飽きさせぬトークの連続でしたが、実は印象に残ったのは、

「今一番いい女が集まるのは品川だ。大手企業がどんどん移ってきて、特にキャノンが美人ぞろい」(大根氏)

「早稲田は即刻女子大にかえるべし」(津田氏)

という発言だったりしますww。

 

トーク終了後はサイン本の手渡し会。

ぶれぶれで申し訳ありませんが、整理券。番号は50番でした。

 

f:id:haru_taroh:20120115021404j:plain

そして受け取ったサイン本はこちら↓

f:id:haru_taroh:20120115022143j:plain

手描きのコメントカードというのは、イベントの特典としては珍しいと思いますが、とても手間がかかっているのが伝わり嬉しいものですね。

というわけで、土曜日の昼下がり、お洒落な場所で、大変有意義な時間を過ごせました。

 『情報の呼吸法』も3刷が決まったとのこと、どこまで部数が伸びるか大変楽しみです。